プチ整形のイチオシプラン4:二重形成

●一重→二重にしたAさん

Aさんは、一度、一重まぶたを理没方でプチ整形して、二重にしました。しかし、、半年位で、糸がとれてしましい、今度は、切開法で、もう一度、二重まぶたにしました。一度目の理没法のときは、口コミを頼りに安いクリニックで受けたそうです。

最初は、念願の二重になれて、アイプチとは、おさらば生活を送れる、となりものすごく、喜んでいたそうです。
後ほど、自分が、受けた、クリニックの口コミを探してみると、自分と同じ経験をした方がいて、ショックを受けました。

ちなみに、Aさんも、その方も、とにかく安い!というクリニックを探していたので、もう二重にはなれない、と諦めたそうです。しかし、どうしても、二重になりたいAさんは、今度は、口コミでは、なく、クリニックを片っ端から回り、カウンセリングを受け、病院全体の雰囲気もよく、切開法が、得意というドクターがいたので、そのドクターにお願いしたそうです。

しかし、気になる点が、ひとつあり、「どうして、先生のところは、値段が高いんですか?」と尋ねたところ、「料金はとくに、制限はなく、私は、私なりの技術があるからだよ」とおっしゃたそうです。そのひとことで、そうとう自分の腕に、じしんがあるんだな、と想いいざ、手術を受けてみると、本当に綺麗に仕上がっていたそうです。

ちなみに、切開法だと、理没法より、高いそうですが、一生モノの二重になれるので、、今は、毎朝のメイクの時間も、短縮でき、ハッピーライフを送っているそうです。