プチ整形のイチオシプラン3:ホクロ取り

●ホクロをとる手術での失敗談

Cさんは、顔中にたくさんホクロがあり、ずっと悩み続けていました。
大きいものから、小さいものまで、数えたら15個は、軽くあるくらい顔中ホクロだらけだったCさんは、ネット広告で、色々と調べていました。「1箇所2000円から」、「何箇所とっても料金一律」いろいろな、広告がありますが、ほくろは、取れば取るほどお金がかかります。
高校を卒業後ずっと、バイトで、」お金を貯めていたCさんは、早くホクロを撮りたいと思い「何個とっても一万円」という広告が売りのクリニックに決めました。

クリニックの日、無事に手術を終え、Cさんは、ワクワク気分で、部屋に帰り鏡を見て、騒然しました。
ホクロを取った跡が全て、穴が空いていたのです。驚いて、クリニックに問い合わせたところ、数日で、元に戻ると言われましたが、1年経った今も若干穴は残ったままだそうです。

Dさんは、大きなホクロが、3つ顔にあります。
肌は、綺麗な方なので、Dさんからしたら、この3つのホクロのみ邪魔的な存在でした。どうにかして、ホクロを無くしたい、Dさんは、「1箇所1000円」という広告が売りのクリニックに行きました。カウンセリングの時に聞くと、Dさんのホクロは、大きいので、もう少し掛かるが、特別に安くすると言われて、受けましたが、一回目では、取れず、2回目3万、3回目3万と3度に渡り受けましたがよくならず、やめたそうです。ちなみに、3年経った今も、全然良くなっていないそうです。