プチ整形のイチオシプラン2:しわ取り

●しわ取りで、失敗したBさん

Bさんは、40代の主婦の方です。2人の子供も巣立ち、何か、新しいことを始めようと、思っていた矢先に、偶然TVに出ていた、50代後半の一般人の方が、シワや、ほうれい線もなく自分よりとても若く見えてあんな、素敵な女性になりたいなぁ、と想い、長年貯めていた、へそくりで、綺麗になった自分で老後を迎えたいと思い、ヒアルロン酸を注入してのしわ取り、ほうれい線をなくすプチ整形を受けることにしました。また、Bさんは、自分の体型も気になっていたことから、プチ整形は、なるべく安く済ませて、残りのお金で、高い化粧品を買ったり、ボディー磨きに使うことにしました。 とにかく早く綺麗になりたかった、Bさんは、家から、徒歩20分圏内にある美容整形外科に問い合わせて、翌日にすぐにできるというので、そのクリニックに決めました。

翌朝、Bさんは、予定よりも、はやく行動し、まだかまだか、とばかりにクリニックに行きました。

案の定、ほかの患者さんはいなく、すぐにできると言うので、ドクターに対面し、要望を伝え、すぐに、ヒアルロン酸を注入してもらいました。すぐに終わり料金を払い自宅に帰宅して、鏡をみて、驚きました。

ヒアルロン酸を注入した部分が、ひどく内出血をし、デコボコになっていたのです。

すぐにクリニックに問い合わせると、一時的なものです。と言われ、1週間、様子を見ましたが、収まるようすもなく、後ほど、近所の方にクリニックの評判を聞いたら、安いだけで、腕は、全然ダメだといわれ、後日、ほかのクリニックで、ヒアルロニターゼ等のヒアルロン酸溶解注射を注入してもらい、改善したそうです。